2011年11月23日

ガチムチな警察官

461 水先案名無い人 [sage] 2011/09/03(土) 23:12:38.32 ID;Af0+Tyfj0
先々月の日曜に叔父と車で買い物に出かけた。
しばらくして、ある交差点で事故。
110番したら近くの交差点に行くように言われ、事故相手とともに交番に行った。
交番に一人だけいたガチムチな警察官は外で車の確認を始めた。
叔父と事故相手はお互いに興奮してて言い合いが始まった。
自分からするとどっちもどっちな状況だと思ったのでなだめようとしたがダメだった。
外にいる警察官を呼ぼうとしたら、まだ小さい猫が交番に入ってきた。
猫「ミャー」
叔父「………」
事故相手「………」
空気を読まない猫に毒気を抜かれる叔父と事故相手。
そこへ外から戻ってきたガチムチ警察官が猫の首の後ろをつまんで交番の奥に連れて行き扉を閉めてしまった。
ガチムチ警察官にどういう状況で事故になったのか聞かれ、はっと我に返ったかのようにまた言い合いを始める叔父と事故相手。
言い合いを止めようと警察官が口を開こうとした瞬間、交番の奥に繋がる、隙間が開いていた扉から猫がこちらに出てこようとして
扉をカリカリ、狭い隙間に顔をねじ込もうとジタバタしてた。
叔父「………」
事故相手「………」
警察官「………」
毒気を抜かれる叔父と事故相手。
結局、毒気を抜かれたところで警察官に
「売り言葉買い言葉で言い合いになったけど、別にお互いに憎い訳じゃないでしょう?」
となだめられ、お互い納得して終了になった。

猫がいなかったら面倒くさいことになってたと思うが、警察は揉め事処理に猫を雇い始めたのか?


関連かも?:ごつい警察官
関連かも?:筋肉がすごいお巡りさん
人気ブログランキングへ

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
スポンサードリンク
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ