2011年06月11日

チャラ男がスクーターの前で困っていた

948 名前:なごみ[sage] 投稿日:2010/11/27(土) 17:18:58 ID:qQQjsPt7O
駅の駐輪場で「どーしよ……困ったなあ……」という声が聞こえた。
見たら、二十歳前後くらいのチャラ男がスクーターの前で困っていた。
スクーターのシートには猫が丸まって爆睡中、
足置く部分にも子猫が二匹爆睡中。

チャラ男「ねーどいて下さいよ」
猫「zzz」
チャラ男「つかマジでバイト遅刻しちゃうから。すんません」(猫を抱えて下ろす)
猫「うにゃー」(不満そう)
チャラ男「そんな事言わないで下さいよー俺にも事情があるんすよー。
はいチビッコ達もごめんねー下りてねー」
子猫×2「みゃー」(不満そう)
チャラ男「ごーめーんー」

普通に下ろせばいいのに、いちいち会話するチャラ男に和んだ。
下ろした後「これお詫びの気持ちっす」て言って、バッグから食べかけのパン出して猫にあげてた。

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
スポンサードリンク
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ