2011年06月07日

阿呆でバカな愛しいぬこ様

974 名前:ななしのいるせいかつ[] 投稿日:2010/10/03(日) 05:45:42
母に夜中の大運動会をいつも叱られていた飼いぬこ。
喧嘩は弱いし気だけ大きいし暴れん坊だし、マジ阿呆でバカな愛しいぬこ様。
 

 
少し前、母が末期癌になって、腫瘍がデカくなったせいで下半身が麻痺してしまい、
家の階段を一段一段腰掛けながら降りていた。するとぬこが無言のまま隣に来て、
階段を一段一段母に合わせてゆっくり下り始めた。

母が止まるとぬこも隣で止まって母の方を見る。
母がぬこの方を見るとプイッと顔をそらす。

そんな母が死んだ時、母の亡骸にぬこが近寄っていつも通りに鼻ゴツンをしようとして、
はっ…と何かに気付いたかのような顔をしてゴツンするのを止めた。

母が亡くなって3ヶ月、いつもずっと一緒に寝てくれた。
大運動会は雨天延期か知らんが、夜中はずっとお互い抱きしめて寝てた。
漏れはぬこの腹を、ぬこは漏れの顔を抱いていた。
漏れはちょっと息が出来なかったが。

今は夜中の1人大運動会が復活して、全く一緒に寝てくれない。
そんな大運動会を叱る母の怒号だけが聞こえない。

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
スポンサードリンク
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ